« 十八 コルニル先生 | トップページ | 二十 美味しい国ベルギーその二 »

2017年5月 1日 (月)

十九 美味しい国ベルギーその一

 さて、レッスンの話が続いたところで、ベルギーという国の魅力のひとつ、食について語ってみようと思います。

 何を隠そう、ベルギーと言えば食べ物。寒くて年中どんよりとしたこの国で、この楽しみがあったからこそ、四年間も生活できたと言っても過言ではない。ベルギーの美味しい食べ物と言われて、何を思い浮かべますか?ワッフル?チョコレート?いいえ、それだけではありません。とにかく、世界各地の食べ物が美味しいのであります。まさに、ヨーロッパのグルメ中心部。

 学生が気軽に食べることができるB級グルメから始まって、高級レストランまで、本当にこの国はレベルが高かった。私の肥えた舌はこの時代に作られている。結婚するなら、同じく舌のレベルの高い人がいいというのは理想の第一条件だったけど、我が夫は見事クリア。まあそれはいいとして、当時、ガリガリに痩せていた私は、体重など気にすることなく、食べ放題に食べることができた。

 日本からベルギーにやって来ている若者たちというのは、音楽留学生、料理人、日本食屋で働く者たちが多かったが、単身赴任のおじさんたちにモテモテだったのは、我ら音楽留学生女子一同であったのは言うまでもない。そういうオッサンたちに抜かりなくついて行き、よく高いレストランでご馳走になったものである。おじさまたちも、若い女の子たちを連れて行くのは嬉しいし、何よりも「女性同伴で行く」のはヨーロッパの作法でもあるからして、日本人サラリーマンたちが男たちだけで飲んでる姿なんぞを見かけた時は違和感を感じたものである。

 高級料理も唸るくらい美味しかったけれど、
(実際、フランス料理は、本場フランスよりも美味しいのではないかと評判であった。私はフレンチはあまり行かず、もっぱら和食小料理店なんかがお気に入りだったけど)
 なんと言ってもご紹介したいのはB級グルメである。どこまでがB級かはわからんが、とにかく美味しかったあの食べ物たち。どこから紹介してよいのかわからないほどある。

 まずは、ベルギー人たちがこよなく愛する、フリッツ。いわゆるフライドポテトですね。
 これは、街角のあちこちにフリッツ屋さんが出ているんだけど、何十種類ものソースの中から好きなものを選んで、でっかい袋にガサッと熱々のポテトを入れてくれる。それを、ベルギービールと一緒にベンチで食べたらもう最高。お腹大満足である。大家さんの娘、エヴァは、フリッツ屋さんを見つけると必ずパパにおねだりして、「家で揚げればいいだろう!」と叱られていた。そう、各家には必ずフリッツ揚げがあり、ジュージューと揚げて食べる。あ〜うまそう。たまらない。

 それからビールはご存知の通り、その種類は数えたらきりがない。水を買うよりも安いので、とりあえずビールを買っとくんだと、酒飲みの友人たちは言っていた。私が大好きだったのはブロンシュ(白ビール)。それから、木苺などで作った果実ビール。父がやってきた時も、「うまい!」と感激していた。が、不思議なことに、日本で飲むそれは全く違う味に感じるのである。美味しいことは美味しいが、ベルギーで飲むあの爽やかで、抜群な美味しさとは違うように感じる。気候のせいで、味わいも変わってくるのだ。だからぜひ、ベルギービールを味わうのなら、現地にてお願い申し上げたい。父は、空港の検査で放射線を浴びて味が変質するのではないか、と本気で言っていたけど。

 ああ、でも一つだけ。毎年日本の各地で開かれる「ベルギー祭り。」これは、レベル高いです!私はよく、妹と山下公園の祭りに参加するのだが、ベルギービールが生ジョッキで飲める。それからフリッツもマヨネーズをつけて売っている。これが、めちゃめちゃうまい。正直、あまり期待して行かなかったのだが、思わずおかわりを何杯もしてしまい、午後の仕事が憂鬱になってしまったこともあるので、休日に行くのがオススメです。混んでるけど。

 あ〜ダメだ、この記事を書くのが一番楽しくて、長くなりそう。まだまだ美味しいものは続きますので、ご紹介は次回へ続く。

« 十八 コルニル先生 | トップページ | 二十 美味しい国ベルギーその二 »

ピアニストMama♪ 留学白書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/605244/65218482

この記事へのトラックバック一覧です: 十九 美味しい国ベルギーその一:

« 十八 コルニル先生 | トップページ | 二十 美味しい国ベルギーその二 »

フォト
無料ブログはココログ