« 二十 美味しい国ベルギーその二 | トップページ | 二十二 同級生たち »

2017年5月 2日 (火)

二十一 美味しい国ベルギーその三

 えーと、ベルギーはチョコレートも有名ですよね。

 高級チョコはゴディバが有名だと思うけど、何もそんなの買わなくたって、普通のスーパーで買う三百円くらいのチョコでも十分美味しい。

 私がお土産によく買って帰ったのは、スーパーで売られているコートドールという箱入りチョコで、二口サイズくらいの板チョコが一枚ずつ綺麗に包まれて並んでいる。これはとても美味しかった。

 ゴディバは日本で買うよりずっと安い。だから私は貧乏だったけど、たまにゴディバの店に行って(うちのすぐ目の前の通りにあったのだ)小さい箱にトリュフをぎっしり詰めてもらって大事に食べたりした。ゴディバのチョコの中では、ミントスティックチョコが好きであった。日本でもあるのかなあ?見たことないけど、誰か知ってたら教えて下さい。

 ブランドチョコは、他にもヴィタメール、ノイハウス、レオニダスなどたくさんあるけど、まあ騙されたと思って、ベルギーに行ったらスーパーのチョコを買ってみて下さい。美味しいから。

 ベルギーのブランドチョコ店は、ブリュッセルのグランプラスへ行けばたくさん並んでいるけれど、そこから少し坂を上って行くとサブロン広場の方へ出て、(コンセルヴァトワールはそのあたりだった)その途中にところどころ、ピタ屋さんというのがあったりする。

 ピタというのは小麦粉で焼いた丸くて薄い、ピザがちょっと厚ぼったくなったような生地で(事実、これがピザの起源らしい)中東や北アフリカあたりの食べ物。これに、ケバブなんかの、野菜だの豆だの肉だのをギュウギュウに詰め込んで、色んなソースをかけて食べる。はっきり言って、食べにくいがウマい。

 バゲットサンドウィッチも学生たちの味方であった。町のバゲット屋さんに並び、焼きたてのバゲットに、フロマージュ(チーズ)やハムなど、自分で選んだものを挟んでお昼にパクパク食べながら歩く学生は多かった。パン屋と薬局は本当に多くて、どこを歩いてもあるんだけど、学校の近くにあるパン屋で食べられるランチメニューはとっても美味しかった。中がカフェになっており、寒い日なんかに、あったか〜い「本日のスープ」と、生肉のパテを塗ったパンにオリーブ油とパルメザンなんてかけて食べたらもう幸せだった。

 街のあちこちにはカフェがあり、昼間っからみんなビールを飲んでいる。うちの目の前にも一軒あったので、練習に疲れた時、気晴らしに入ったりしていた。

 うちの近所、で思い出したけど、隣のチェコビール屋さんは、すっごく美味しいシュークルートを置いていたし、お肉屋さんは、美味しそうな串刺しアニョー(羊)やソーセージなんかを置いていて、私は自宅でクスクスを作る時によく買って添えた。

 余談だけど、ブリュッセルのお肉屋さんには、日本のような「豚肉薄切り」が置いてなくて、生姜焼きが食べたくなった私は、「薄く切って!こんな風に!」とよくお願いして、変な顔をされたものである。

 スーパーに並ぶ骨つきのプレ(鶏肉)は本当に美味しい。骨つきじゃない鶏肉なんてなかったかも。それから子牛の肉もよく出回っているんだけど、柔らかくて大好きだった。学食ではウサギの肉も出たけど、自分で料理したことはない。これも美味しかったな。

 練習に疲れた時、ベトナミアンや中華などは本当によく行った。やっぱりアジア人。落ち着くのである。中華はご存知の通りだと思うけど、ベトナム料理はとっても美味しい。ちょっと甘酸っぱいソースは食欲をそそられます。

 そんなこんなで、ブリュッセルという街は、娯楽は少なかったけど食がいわゆる娯楽のようなもので、あちこち食べ歩いては幸せな気分に浸っていました。

 コンビニもなく、自炊オンリーの貧乏学生。ほとんど料理のできなかった私が、この四年間の美味しい国での生活で、舌も腕も上がったのは間違いない。

« 二十 美味しい国ベルギーその二 | トップページ | 二十二 同級生たち »

ピアニストMama♪ 留学白書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/605244/65224326

この記事へのトラックバック一覧です: 二十一 美味しい国ベルギーその三:

« 二十 美味しい国ベルギーその二 | トップページ | 二十二 同級生たち »

フォト
無料ブログはココログ