恋愛

2017年5月22日 (月)

五十五 私と彼

「あっ、居たっ!かけなおせー!」

 私は、彼の声を聞くなりそう叫んだ。

 ハイハイ、と言って、社会人の東北の彼は、素直に国際電話をかけなおしてくれる。

 そこで、彼が週末、東北の地でナンパした話などいろいろ聞かされるが、それには一切動じない私である。あくまでも、電話をナゼ君はかけてこないか、という一点に集中する。

 声が聞きたいと思わないのか、君は昔、早く私と一緒に暮したいと言っていたのに忘れたのか、そんなことをぎゃあぎゃあと攻め立てても、

「う〜ん、人って気が変わるもんだよネ〜。」

 と、意地悪くかわす。一人でプンプン怒っているのは、いつも私である。でも実は、そんな自分に面白がっているところもなきにしもあらず、であった。

 彼もまた彼で、相当な気分屋だった。機嫌のいい日は「別にいつだって、好きな時に電話かけてくればいいのに」と言ったり、「絶対、カオルの方から電話をかけてくると思ったんだ。だからかけなかったの。」とか言ったりした。だけど疲れて機嫌が悪い日なんかは、一言も喋らないと決めこんだかのような態度を取っていた。腹の立つ。

 でも今、自分が働くようになってみてわかったのは、学生と社会人とのギャップがそうさせていたのだろうと言うことだ。私だって、今ならば彼の気持ちはわかる。要するに、面倒臭いのだ。疲れている時に、オンナといちいち話さなきゃいけないのが。別に相手を嫌いになったわけではない。その証拠に、顔を見てれば、今でも私のことは好きであるとわかる。(この自信。)そしてさらに今、彼は白状していたけれど、実は相当の電話嫌いだったらしい。でもそんなこと言っちゃったら、私たちの通信手段は何もなくなる時代。言えなかったんだろうし、それにたいていの男性は、電話嫌いである。当時若かった私には、わからないんだけど。

 だからってあの時、私はどうしたらよかったのかと問われても、答えは出ない。女性とは、その時の関係が気まずくなって、別れたら終わりだ。しばらく放ったらかして、それこそ何年も冷却期間を置くことなど、できない。そのうちにすっかり冷めてしまう。私のように、昔の彼氏たちと友達に戻れる女性など稀で、たいていの場合は、その関係が終わった時点で一切会うことはない。会っても好きでも何ともないし、つまらないからである。

 男性の場合は、相当こっぴどくフラれた相手でない限り、一度好きになった女性のことは、だいたい、一生好きである。大事に心のどこかにしまっておける。だから久しぶりに会うと、相手を愛おしい気持ちになると思う。私の場合はまた別で、何故、また友達に戻れるかと言うと、それは人間として好きだった相手限定であり、人生の中で一度、同じ時を過ごした者同士なのだから、こんなに気心知れている味方はいない。という理由である。まあ、たまにはいい雰囲気になっちゃったりもするんだけど。それはそれで、分別のあるオトナ同士ということで、いいとして。

 とにかく私たちは、お互いに学生だった頃とは違って、彼が働き出して半年も経つと、だんだんとギャップが出てきていた。考え方は変わってはいないし、お互いに応援している気持ちはずっとあった。けれど、夢を追う学生と、現実を見る社会人。そのパワーを発揮する方向性もずれてきて、二人は徐々に、別々の方向を見て行くことになる。私の帰国がもう少し早くて、社会に出る苦しさを味わうのが同じ時期だったのなら、話はまた違ってきたかもしれない。だけどそうすると、今の夫と出会うこともなかった。タイミングとは面白いものである。ちょっとその時がずれただけでも、人との出会いと別れは変わってくるものなのだ。

 思わず恋愛論を語ると長くなっちゃったけど、何しろ私たちは、決定的に別れるまでの秒読み生活を始めるようになるのである。それは、仲の良いまま、何を喧嘩するともなく。

 私はそれでも、迫り来る試験に向けて頑張っていた。頑張って水泳でもして、今より三キロ太って魅力的になるぞー、なんて、言いながら。(羨ましい!)

 そして、友人ユキと共に開く、五月の大使館コンサートの日はやって来るのである。

2017年5月16日 (火)

四十八 彼氏、二度目のベルギー到来

 東北の彼氏は、日本からの直行便、サベナエアーでやって来た。よっ、社会人は違うねっ。私など学生には、とても高くて買えないチケットである。

 何度目の再会だろう。何回会っても、はじめは彼の、阿部ちゃんさながらの顔の濃さにびっくりさせられる。でもその次に、本当に私の良き理解者だなあと、ホッとする。自分でもまあ、わかりやすい性格だとは思うけど、でもこんなに自由奔放な私を放ったらかしにできる奴も、そうそういない。

 彼は待ってましたとばかりに、ホワイトビールを飲んだ。そして、ベルギーにイギリスからチャリンコでやって来た当時、お世話になった先輩方や、大使館の方々にお呼ばれの歓迎を受けた。私は現在の友人たちに紹介したりもした。そして、ずいぶん上達した私のフランス語をとても嬉しがって、よくここまで喋れるようになったね、偉い偉いと、親のようにしみじみ感心したりした。

 ちょうどその頃、先輩アキカさんは、日本の学校から仕事の話が舞い込み、長い留学生活に幕を閉じて帰国するかどうか、大いに迷っていたところであった。アンリオ先生は、「母国からの扉を自ら閉ざすことはない!」とおっしゃっていたし、彼女もそれをよくわかっていたのだけれど、感情というものはそうもいかない。私だって、悩む。留学生というのは皆、なんだか知らないけれどそのうち向こうの生活が長くなり、だんだんとそこに根付き、三年の壁、五年の壁、そして十年の壁を越してしまったらもう日本には戻れなくなる、と言うジンクスがあるくらいであった。彼女はそんな渦中であったのに、私たちを温かく迎えて下さり、もてなしていただいた。

 そしてブリュッセルだけでは飽き足らない彼は、ロンドンへも遊びに行ったりしていた。その間、私はモーレツにピアノを弾く。レッスンも入った。彼の到来により、おかげさまで、音楽的にはとても良くなってきたけれど、暗譜が浮かれている感じである。気を引き締めねば。

 友人、ユキはそんな私をからかい、ウワサの東北の彼とも面白半分、好奇心半分で、タバコをスパスパと吸いながら会ってくれた。

 後から聞いた話によると、彼の方はユキにさりげなく、私に現地で彼氏はいるのか、聞き出そうとしたらしい。ユキはしらばっくれて、「ご自分で聞いたら〜?」などと言い、「そっちこそどうなのよ?」とするどいツッコミを入れた。彼の方は、「まあ、通り過ぎた女の人は何人かいたけど。惚れた女性は、いませんでした。」と、あっさり認めていたと言う。

 だから、私にいないなんておかしい、それなのに何故カオルは隠すんだろう。と言ってたよ、とニヤけるユキちん。そりゃそうである。口が裂けても言うもんか。薄々わかってはいるだろうし、それだけで十分である。それに、彼がキスしようとからかっていた、あの感じの悪い男に出くわし、「あれ〜、久しぶりじゃない?こりゃまた、別の新しい男かと思ったヨ。」とか余計なことを言われただけでも、十分である。こやつは本当に、お勉強はできるんだろうが、自分がフラれた女の子には嫌味を言うしか能のない人物であった。

 さて、彼は美味しいブリュッセルのビールやムール貝をお腹いっぱい食べ、大満足で帰って行った。電話だけでは足りなかった、たくさんの積もる話をし、頑張ってプルミエプリ取って来いよ、オレも早く中国で仕事ができるように頑張るから。と言って、またもや未来の約束などせずに、抱き寄せてもらっただけで別れた。

 私にはそれで満足であったが、当然、寂しい思いも後には残った。それはその時、すでに三年目の延長のことをぼんやりと考え始めていたからでもあったかもしれない。二人の見えない未来は続く。この先、本当に一緒にいられることができるのだろうか、今度は彼の方がまた、海外に行ってしまうことになるのではないか。

 よくぞ続いている自分たちの気持ちに感心しながらも、私は毎度毎度、精神を試されているかのようで、ため息をつくのであった。

 今は苦しいけれど、最終的に、この留学が自分にとって本当にためになったと思える日が来るかもしれない。そう、当時の日記の一ページには、記されてある。
フォト
無料ブログはココログ