留学前

2017年4月25日 (火)

五 ブリュッセルへ

 私がこのブログを書こうと思った理由のひとつに、二十才の時から毎日日記をつけていた、ということが挙げられるんだけど、久しぶりに棚の奥から出してきて読み返してみるともう、当時の文章に胸が詰まってくるものがある。胸焼けしてるんじゃありません。若々しく、何事にも感動していてみずみずしいのだ、その一つひとつの文章が。

 今だって、年の割には前向き前進型だし、感受性は失ってない自負があるんだけれど、若さには勝てない。っていうか、昔の、あの頃の、いちいち何かにつけて浮かれ、また沈んだりした感情の波。こういうのって、今読み返しても楽しいもんだな〜と思う。留学という新しい世界に向かって突き進んでいる躍動感というのか。今は、そうして得たもので生徒たちを育てたり、恩返ししているつもりなんだけど、当時はまさに「自分のことで一杯一杯、未来へ向かって一直線」な時期であった。懐かしい。

 旅立ったその日の朝。順調だったかと言えばそうでもなく、アエロフロートが遅れてエアコンのきかない機内に閉じ込められたり、ロシアに着いてから見通しのつかない中、四時間も空港で待たされたりと、疲労しすぎて一人、また一人と空港の床に寝そべり出す有様だった。そこで、同い年くらいの日本人カップルに出会う。これからイスタンブールへ旅行だと言う。彼らは意外にも地元が近所なことが判明し、私が一人で留学するところだと言うと非常に感動して親切にしてくれた。彼氏の方は横浜国大の学生さんで、その後、一時帰国の際もたびたび飲むことになる。(女の子とはすぐ別れてしまったのだ)出会いとは、どこに転がっているかわからないものである。

 ようやくバスが到着して、ほぼ難民キャンプ状態になっていた我々は救われる思いで乗車した。安いチケットにはこういうワケがあるんだ。と思いつつ、着いたホテルを見てまた仰天。幽霊でも出そうな一室に通され、めちゃめちゃ後悔する私。あ〜、せめて一人じゃなかったら!もう、ロシア見物してる体力もないので、ろくに食べずにさっさと寝てしまった。

 無事、オバケも出ずに朝を迎えてようやくブリュッセル行きの便に乗り換える。ロシアからベルギーへの機内はとてもワクワクした。だって、もうじき夏休みで北京からやってくるカレシに会えるのである。(邪道)ご褒美でもなければやってらんないのである。そんなことで、私の二十代、恋愛の舞台も世界を股にかけた、波乱万丈な日々の幕開けとなった。
フォト
無料ブログはココログ