出会い

2017年5月 4日 (木)

二十七 ネズミが出た話

 スペイン旅行から帰り、年が変わって一九九六年。

 一月の誕生日がきて、春がやって来るまでの間、日本大使館のコンサートで先輩方と一緒に出演したり

(その時は友人しづちゃんとマ・メール・ロワの連弾をしたり、ラヴェルの道化師を弾いたりしている)

何かと忙しい毎日を送りながら、同時にたくさんの友人や先生方に手紙を送り、そして恋のお相手の方も五ヶ月ぶりに電話をくれたりと、なかなかストイックな日々を過ごしていた。今じゃあ考えられないほどの、アナログな通信生活である。それでも私たちは、なんだかんだ言いながら留学終えるくらいまでの間、お互いを放任しつつ、気持ちは続いていたんだから、けっこうすごい。

 そんな毎日の中、あの半地下の部屋の中で私は、もっぱらネズミに悩まされていた。

 そう、ネズミが出るのである。新年になってからコイツらはパワーアップしてきた。

 ダンゴムシならば我慢できるが、ネズミには困らされた。彼らは小さなハツカネズミだったので見かけは可愛らしいが、夜中に台所でカサコソと音がするので見に行ったら、ケーキの箱から顔をのぞかせたり、料理をしている最中にササッと足元を通り過ぎてびっくりさせられたり、うわっ!と驚きの声をあげると振り返ったり。一番イヤだったのは、スポンジの上やフライパンの下などに、糞を残して行くことであった。

 日本からネズミ取りを送ってもらったのだが、奴らは賢くて、中に仕掛けたチーズだけをまんまと食べ、小さな体で網をすりぬけて逃げて行った。全然話にならない。ついに困り果て、先輩アキカさんの飼っていた猫を一ヶ月くらいの間、レンタルさせてもらう。すると敵は見事に姿を消した。本能ってすごい。しかし、そろそろいいかと思って猫を返すと、またすぐにやって来る。これは本格的に、猫を飼わねばなるまいか。

 そんな時、知り合いになった男の子にそのことを話すと、一晩中張って、ネズミをしとめてやると盛り上がった。作戦遂行。だがそういう時に限って、ネズミは何かを察知するかのように出てこない。代わりに我々は、一晩いろんな話で盛り上がり、結果的にネズミの縁で仲良くなるのである。それがその後四年間の私のブリュッセルでの相棒、よっちゃんである。彼なしでの生活はなかっただろうし、今でも感謝している、私の良き友人である。北京の彼のことは知っていたが、ずっと私を守ってくれた。

 そんな訳で、ネズミについての悩みはその後半年くらいの間、猫を飼うまで続くのである。ネズミとよっちゃんの話については、また今度。
フォト
無料ブログはココログ